日本青少年更生社設立の理念です

理事長西山は15歳のときに少林寺拳法と出会いました。以来、修行と勉学に励んでいます。

創始者・宗道臣は、仏陀釈尊の正しい教えと、これを正しく継承した菩提達磨の易筋行を現代に生かそうと、1951年(昭和26年)香川県多度津町に金剛禅総本山少林寺を開山しました。

金剛禅とは死後の安楽や現世利益を説くのではなく、現在生きている人間が、少林寺拳法の修行を通して、まず己をよりどころとするに足る自己を確立し、そして社会のために役立つ人間になろうという、拳禅一如・自他共楽の幸福運動の新しい道です。

 

人間が宇宙の大いなるはたらきを宿す “ダーマーの分霊の種子” であることを信じ、その可能性を開花させながら、お互いを尊重し合い、手を取り合って平和で豊かな社会を実現し、理想郷を建設していこうということです。

平成24年7月、日本青少年の行動理念は、全て実践することに意義あると感じています。

私達は、現況の日本社会では低迷を辿り、不安な社会情勢である。

質素倹約を目標とし、日々生活を営んでいます。

地域の子どもたちへのボランティア活動

護身術教室

今の子どもたちに欠けているのは、強い精神とそれを支える

肉体です。 成長期の子どもの心に合わせた訓育と護身術を

基本にした術技を 通して、強い心と体を育てています。

ここで指導を受けている子ども たちは、

みな礼儀正しく、他者を思いやることができる、

心やさしい 子どもたちばかりです。

格闘技神拳 西山耕治

恒例の年末行事・餅つき

平成24年12月30日 会員と子どもたちで餅つきを行いました。天気はあいにくの雨でしたが、少林神拳の道場の子供たちも大勢集まりました。

恒例の餅つきは、一年の苦を払い、また来年から真っ白な気持ちで行こう、という思いを込めました。

子どもたちはついたもち米を丸めてお餅を作りました。

 

餅つきをしたらみんなでうどんを食べ、雨で冷えた体がとても温まりました。

 

 

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。