こころ新たに

3月14日、兵庫県姫路市に事務所を置くNPO法人『五仁會』の理事会メンバーによる視察を受けました。五仁會は全国で唯一の暴力団員を更生させるために立ち上げられたNPO法人です。設立2年目を迎えて、いよいよ本格的に対象者の受け入れをはじめられるとのこと。当方の施設及び就労等支援状況を視察され貴重なご意見をいただくと同時に、共に協力し合って世直しに邁進しようとの力強い言葉を頂戴しました。

旅立ち

3月末、ドングリ君が家庭の事情によって修行半ばで帰郷しました。

1年半の就業でしたが、丸亀高校(通信制)に入学し、勉学に励み、少林寺拳法も3級まで進級しました。

*高校の卒業

*少林寺拳法の初段・黒帯

という目標に到達するまでは! との思いがあり、道半ばで残念なことですが、振り返れば、「引きこもり生活」「PC依存」という問題だった生活習慣は入寮早々に改善されていました。

心身ともに健全になったと思います。

理事長から一言

「自由に羽ばたいた今からが正念場です。常に自制の気持ちを忘れずに、ここで身についた生活習慣を守ってください」

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    特定非営利活動法人・五仁會代表・竹垣悟 (日曜日, 14 4月 2013 11:34)

    更生社のブログを拝見させて頂きました。
    善通寺に行って、いつも感心させられるのは、西山代表の犯罪者更生支援に賭ける情熱です。
    そして、昭和56年から綿々と続けて来られた更生活動の実績です。
    私は五仁會を立ち上げてからまだ1年余りしか経ちませんが、私なりに千里の道も一歩からとの思いで頑張って居ります。
    お互いに過去、男の道を歩んで来た者同士です。
    これからは手を携えて、国家社会の為に貢献出来たらと思って居りますのでどうか宜しくお願い致します。
    良き親睦団体が出来、心より喜んで居る次第です。

  • #2

    更生道に生きる名も無き夢追い人 (土曜日, 27 4月 2013 14:27)

    私は先日、鳥取刑務所を出所したものですが、5年の刑を務め終えるまでの間、西山先生にお手紙や本の差し入れなどのご支援に加え、6歳の息子を預かって頂き少林寺拳法の指導もして下さりました。だからこそ私は色々な苦しみに勝つことができ、自分を見つめ直す余裕を心に持つことができました。常日頃から西山先生が私におっしゃられる釈尊の教え八正道を胸に、正しき道に添い私も西山先生の背中を追って行こうとおもってます。
    敵は他に在らず、先ず討つ敵は我が内にあり!

  • #3

    少林神拳西山門下 (水曜日, 01 5月 2013 19:47)

    人の世に生きる上で、師を持つということがどれ程人間を豊かにし、どれ程人生を明るくさせるか今の私には身を持って、それを実感することができます。
    私の人生においての師は、西山俊一郎先生です。
    西山先生の指導の言葉に、「あるがままに受け入れ、そこから自分の出来ることを見つけ出し対応する」というものがあります。
    これこそ世に処す、処世術であると私は受け止めて実践に努めています。
    先ずは今を素直に受け止め、何からも決して逃げないという強固な意志が必要です。
    陽明学の開祖、王陽明が(聖人の道は我が内にあり、心即理、知行合一、致良知)を説く実践倫理の道を邁進されている人物は、我が師西山先生その人かと私は思います。
    良き師、良き見本を得た者こそが自分の人生を華やかに出来ると、今私は心から感じています!
    [冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、閑に耐え、激せず騒がず競わず従わず、以て大事を成すべし]
    この王陽明の教えの言葉も、西山先生に学んだものです。
    少しずつですが、自分自身心身共に成長して行ってることを実感しています。
    武道を西山先生に学ぶ上で<武道は学問なり>と感じる今日この頃です。
    己れこそ己れの最大の敵ということを常に忘れず、これからも西山先生のもとにおいて、自分磨きに励もうと決意している次第です。

  • #4

    滝本 (月曜日, 20 5月 2013 00:12)

    大林寺拳法師範代

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。