更生の獅子、吠ゆる

合掌

皆様、師走と相成りましたが如何お過ごしでしょうか?

また静かに今年も終わろうとして居りますが、自分自身と向き合い、何かやり残してないかなど反省している次第の今日この頃です。

私達NPO法人日本青少年更生社観音寺支局会員一同は、冬の寒さに打ち克つために、当会代表理事であり武道の師でもある、西山先生の指導の下、先日、滝篭りに行って来ました。

私は、このような事を生まれて初めて体験しましたが、肌に突き刺さるような滝の水に打たれ、心身共に清められた思いにかられ、やり終えた時には抱えていた悩みが如何に小さいものであったか思い知らされた気がいたしました。

またこの日は、私と志しを共にする同志であり、ライバルでもある当会観音寺支局の副支局長と組み手を行いました。

今月のブログには、その当日の様子を載せておきますので見てみて下さい。

滝の名称は、「不動の滝」です。

この滝の名称の如く、「不動」・・・即ち、何事にもぶれない、ゆるがない精神こそ人間が求め続けなければならないものではないでしょうか?

私は不動の滝に打たれながら、心を無にし一心に、心中から煩悩を打ち消さんが如く、不動明王の真言を100回唱えました。

・のうまくさんまんだばざらだんせんだまかろしゃだそわたやうんたらたかんまん・

当会代表の西山先生の指導から、武道とは弱さも強さもひっくるめて、自分を見つめなおし、本当の自分を探して行く事だと気づかされました。

決して他人とではなく、自分自身に打ち克つことこそが「武」であったのです。

人生をより良いものにする一つの方法があります、それは良い師を持つと言う事です。

このブログが、たった一人でもいい、誰かの何かの小さなきっかけなればと願ってやみません。

最後に皆様に言葉のプレゼントです。

「一見、不幸と見える事の中に、大きな幸福の因子がはらんでいる。マイナスは必ずプラスに転化する。」

観音寺支局の同志たち、私の滝篭り、組み手での私の神拳正面落とし蹴りなどの画像を載せてますので、ご覧になって下さい。

私達NPO法人日本青少年更生社職員、会員一同は、自分に打ち克とうとする強固な意志を持つ方には門を大きく開けて、待っておりますのでいつでもいらしてください。

では皆様、くれぐれも健康には留意なさって良い年をお迎えになって下さい。

合掌

                                    NPO法人日本青少年更生社

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    森敬 (木曜日, 19 12月 2013 11:37)

    文章力♪。小さなきっかけが、心打たれました。

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。