熊本支局より

 「中国古事(中庸)の教えに(天の命ずる之を性と謂い、性を率うえを道と謂い道

  を修る之を教えと謂う)」これこそ自己確立生きる修養訓であり教育と説かれ

 ています。私も同感です。又日本青少年更生社公館開設、おめでとうございま

 す。今後の増々の御活躍を祈念いたします。熊本支部の方ですが、現在私を含め

 三名です。

 第一の理念は 自分の修業や自分の能力を自己の為だけに使わずに他人に伝えて

 世に広める事を道標とする。

 

 第二の理念は 私達の一歩が朝(あした)を変える、愛と教育をモットーに一人一

 人が本人の意志と努力により宗教・思想・文化が持つ排他性の垣根を越えて協力

 し、全人格的、全社会的な関係で共存する事


 第三の理念は 少年非行である校内暴力、家庭内暴力の温床は学校教育と家庭教

 育にあり、学校の詰め込み、画一的教育と家庭の親の過保護や放任に原因がある

 という現状に鑑がみ、人間の基本的な育成を計る為に、道義・道徳・修身の教育

 課程を設立し、学歴偏重の社会的風潮を改めて子供の立場からものを見る姿勢や

 子供の多様な個性を育成する。


 第四の理念は 自己が立てた目標について具体的な達成感を確認して、全体の中

 の細かい部分に間違いがないか自己評価する。


 第五の理念は 社会復帰したら、社会的に認められて、義務と責任が生じる塀の

 中の時代とは全く異なる社会が構成する一つの単位になる。良い社会の一員とし

 てモチベーションを高く持ち価値観を得る様に心がける。

 先生の情熱と、義・勇・仁・礼には感服させられます。新渡戸稲造の武士道には

 義 義は勇と並ぶ武士道の双生児である。正義の道理こそ無条件の絶対命令

 勇 義を見てせざるは勇なきなり 平静さに裏打ちされた勇気

 仁 民を治める者の必要条件は仁にあり 徳と絶対権力との関係 武士の情けに

   内在する仁 いつでも失わぬ他者へのあわれみの心

 礼 礼とは他人に対する思いやりを表現する事 礼を守る為の道徳的な訓練

   優雅な作法は力を内に蓄えさせる 礼儀は優美な感受性として表われる。

 又、釈迦に説法の中に、義なきを義とする、最初の義は阿弥陀仏が私を救いに

   くるという本願を自分の浅はかな考えで判断するはかろいの事、後の義は

   本義という事で、はかろいを交えない事を本義とする、はかろいの最もたる

   ものが自分を正義とする事である。

                         熊本支局長より

 合掌

  日本青少年更生社の矯正施設内にて設立された事をお知らせ申し上げます。

  矯正施設にて刑期を努めながら、自立更生を目指し更生運動を展開しているの

  で御座います。彼の更生に対する、所感私と共有するものでありまさに異色の

  試みで御座います。日本中矯正施設よりこの更生保護運動が、大きく飛躍する

  事を願うものであります。日本青少年更生社熊本支局誕生おめでとうございま

  す       

                         愚生  西山 俊一郞



  




 


お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。