11月便り トピックス

平成二十八年十月三十日

 

香川県国分寺で第二十九回グリーンフェスタ国分寺盆栽展に、日本青少年更生社、所有監理培養の赤松が環境大臣賞に選ばれました。

 

日本青少年更生社、高齢者の人々に余暇の楽しみと情操教育の為、盆栽いじりを取り入れ、三年の月日でこのような栄光なる賞を頂き、恭悦至極で御座います。

 

これも、更生社の一つの更生教育の一環が、この様な形で栄光に輝いたことは、代表である私も喜びの一顔で御座います。

 

 

何事にも、労りと愛情込めた、日々の修練の賜物であり、この赤松と出会った運命を、感じさせられます。

 

環境大臣賞までになれた経緯の中で、お世話頂いた関係者に御礼申し上げ、御報告と、更生運動の一話で御座います

 

合掌

秋、深まり冬の訪れが囁く、今日この頃です。

日本青少年更生社ホームページ(ブログ)を見ていただいている皆様、お元気でしょうか。

今日は、徳川家御三家、水戸藩主!(天下の副将軍)

「この紋が目に入らぬのか、さがれ、さがれ」

「この方を、どなたと心得る」

と名セリフで人気高き、水戸光圀公の本を拝読し、まさに君たる者の心得を痛感させられましたので御座います。

我國、日本は二百六十年、三百年と一家族、徳川支配の政治が長く続きましたことは、歴史的にも検証され、事実にほかなりません。

その支配的根本原理は、儒教的武士道の政治の方針です。

水戸藩主、徳川光圀公は、政治の方針として、民を治むるに、儒教の仁慈を実行せし、より良く国を治めたので御座います。

犯罪更生者にも、私は慈愛をもって接し、更生者と共に、協同作業しているので御座います。

 

(共有共感共働)

 

その心構え、光圀公は、自分とおまえたちとは互いに善の道を進み悪を改めようぞ、その為に身分を超えて、互いに切磋琢磨の努力を惜しまないと、君臣一体の道を歩んだ結果が、国を栄えさしたので御座います。

犯罪更生者も然り、人道であり武士道と、何か胸に響くものがあります。

心に邪性や身に行う善悪のけじめをはっきりつけ、心を正しく身を修める為、礼節を持って学ぶ幸福の風、理想郷と言う処へ人は辿り着く、今日は水戸黄門日本歴史上の偉人の薫陶を受け、11月便りをしたためた次第で御座います。

御機嫌よう!お元気で!

 

                 愚生 西山 俊一郞

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    NPO法人五仁會代表 竹垣悟 (水曜日, 09 11月 2016 17:26)

    いつも貴社のホームページを見て 勉強させて頂いております。
    それに熊本支局の「奮闘努力」大変立派だと思います。
    これも 西山代表の指導の賜物だと思います。
    私共「五仁會」も「弛まず・焦らず」世の為 人の為に粉骨砕身頑張る所存であります。
    「盟友団体」として今後とも宜しくお願い致します。

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。