平成28年 11月 20日 前田家 正室 お松殿 芳春院へ訪れた

加賀百万石、前田家の正室お松殿を称え、この寺を創建したと言う。

 

時の権力を象徴した、見事な建築物に驚き、多くの大名たちが、

この門を潜り、わびさびを味わった。

 

人間の、感性を磨いた大名たち、正に権力の象徴とも言えよう。

 

この庭を眺め、お松殿が、茶をもてなしたと言う、

 優雅な歴史の1ページが、ここに在った。

 

タイムスリップ。我は、天下一の傾奇者、花の前田慶次で御座る。

京都、みやこめっせ勧業会館に於いて、

平成28年度 大観展にこの度、大観展賞を拝受致しました。

 

日本青少年更生社所有、赤松を出展した処、

まあなんと盆栽を更生社に取り入れて、犯罪更生者の心の潤いと、

感性を磨く教育に、大きな成果が実りました。

 

この大観展は、日本中の名のある盆栽が集結し、審査を行う物です。

 

厳しい審査の中を選び選ばれ、大観賞に輝いたのです。

 

輝かしい、大観展賞に選ばれ、盆栽をカリキュラムとして、

更生社に取り入れた事が、私の正しい答えでした。

 

大観展に出展するにあたり、ある人々の助力が多くありました。

 

感謝の意を、これからの犯罪更生運動に、益々励む事を心に誓いました。

 

本当に有難う御座います。

大観展賞に輝いた、私の、私達の、名木で御座います。(見事じゃのぅ(-ω-))

 

九州の神秘なる、深谷渓谷に生まれ、悠久の時を流れ、

大宇宙の自然の理に、この様な、人間の技ではできない、神々の作品である。

 

翌々、御覧下さいませ。良きに候。

盆栽界の大名達、尊敬する先生たちの、日本の文化を守り、

貴重な遺産として、平成の世に後世に残していく、

真摯な姿勢に心打たれました。

 

私も、両先生の薫陶を、盆栽だけでなく、

人間として心の糧に、致す所存で御座います。

 

日本人って、いいなぁ~(感激)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    NPO法人五仁會代表 竹垣悟 (月曜日, 21 11月 2016 22:34)

    私が更生社へ伺い盆栽を見た時 今回の赤松が「キリリ」と光って居りました。
    お見事と云う言葉しか見つかりません。
    「大観展賞」おめでとう御座います。

  • #2

    シラサワヒデキ (木曜日, 01 12月 2016 16:50)

    まさしく神々の作品。
    お目出度うございます!
    わび・さびの國、伊豆より〜:)

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。