高松市民、香川県民の皆々様にお詫びの一言

 

申、五月二十八日、午前10時より、日本青少年が、

しおかぜネットワークの、北朝鮮による、

拉致被害者救出の、署名運動を行っています。

 

署名運動、実施地域は、高松市、丸亀商店街、三越前、

に、於いて私達は、署名運動を、している最中、

香川県警、警察官二名が、

「商店街の中に、不法に車を駐車している。」

との通報によって、巡回にきました。

 

二名の警察官が、商店街を見回しても、そのような、

不法駐車は、確認できませんでした。

 

が、私達団体の署名運動に関する、書類を入れた、

スーパーマーケットの、バスケットをみて、

何か、手探りをしているのです。

 

私は、それを見て、

何を勝手に、しているのかと抗議しました。

 

警察官は、スーパーの名前の入った、

バスケットを、私の部下が、

「無断で、使用しているのではないか、調査をさせてもらう。」

と言ったので、私は、

「このバスケットは、私の処の部下が、常に取引をし、

お借りしていたものであります。」

と答えました。

 

それを何か、調査をしなければならないような、まるで

私の部下が、盗用しているかのような、職質でありました。

 

私は、こんな嫌疑を掛けられた、事に激怒し、

大きな声に至ったのです。

 

私達は、今、北朝鮮による拉致問題が、社会から、

風化されようとしている現実に、拉致被害者の救出運動を、

過去十年間に渡って、運動し続けております。

 

昨今、北朝鮮は、米国を敵国とし、同盟国である、

日本までに、ミサイルを日本海までに発射しうる、

この戦争行為に発展することを私は、

懸念する次第で御座います。

世界の、情勢不安を益々、煽り、我が国にも、

ミサイルを向けているので御座います。

 

私達の、北朝鮮による、拉致被害者救出運動は、

国家の大きな、政治問題で拉致された、

日本人同胞を、救出する

運動であります。

 

今回の様にバスケット一つで、窃盗容疑の様な、

調査をされる団体ではありません。

 

スーパーの経営者も、この運動に、

ご理解、御協力を仰いでいるもので御座います。

 

後々、丸亀署、及び、高松北署の管理者との円満なる、

話し合いに於いて、誤解が取れた次第で御座います。

 

日本青少年は、これからも、北朝鮮よる、拉致被害者の、

救出署名運動を、続けてまいります。

 

この度、県民、高松市民の皆様に、ご心配お掛けした事。

此処に、お詫び申し上げます。

 

平成二十九年五月三十一日

 

特定非営利活動法人 日本青少年更生社

 

代表理事 西山 俊一

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ギンギラギンさりげなく (金曜日, 13 10月 2017 14:35)

    灯はけしません

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。