松風に座し眠る、時中にして知恵あふるる

 

合掌

 

全世界、及び、我が国日本も、大きな変革期を迎えて、益々、格差が広がり、経済が不安定な状況で、御座います。

 

我が国も、不透明な状況の中、政治不安が広がり、

安倍内閣の信任を、問う、安倍内閣の大臣達の、

国会討論を見ていると、私は、

資質のない大臣達が、この国の政治を行っているのかと、

日本の将来を、危るる想いで御座います。

 

今失われていく、日本のを、為すべきことを、

言うべきことを、確実に、国民として、

やらなければ、なりません。

 

君子曰く、時中す

 

と言う文言を、私は、目に致しました。

 

東洋の古典の、名著中庸にある、言葉です。

 

今の、我が国日本には、リーダーに求められる、

もっとも重要な、資質がいるのでは、ないでしょうか。

 

文部省問題が、毎日のように、野党の攻撃を受け、

答弁に戸惑う、大臣、閣僚、等々。

 

国民は、この場面を見て、どう受け止め、時流を、見極め、此れからの選挙に、心を致せなければ、なりません。

 

東京、都議会選挙にも、影響あるやと、想う次第で、

御座います。「小池都知事、頑張ってください。」

 

日本が、近代国家に生まれ変わるとき、

明治天皇は、東京帝国大学、現在の東京大学に、

行幸なされし、粒さに、見学なされた由。

 

陛下は、仰せられた、此れからの日本は、

国家百年の計、教育された、人間こそが、

国造りの大学であると、仰せられたので、御座います。

 

「朕、過日大学に臨す。設ける所の学科を巡視するに、

理科、化科、植物科、医科、法科等は、益々その進歩を

見る可しと雖も、主本とする、修身の学科に於いては、

會って見る所無し」

 

と仰せられし、日本の精神とも言える、修身の学科が、

見られないと、憂慮され、まさに明治天皇の、憂慮が、

現在の政治家と、導くリーダーに、欠如されし、

経済優先は、もとより、日本民族の誇りでさえ、

忘れ去れようと、しているので御座います。

 

北朝鮮による、拉致被害者救出、何事起きても、

成さねばならない、日本人の、真成の可き者、非ず。

 

今なお、政治を司る、責務ある、大臣達にもの申す。

 

欺瞞なき、日本人であるべき、

日本の、政治をお願い申し上げます。

 

時流あれど、君子たるもの、時中しなければならぬ。

 

明治天皇の、慨嘆が聞こえる、私で御座います。

 

日本青少年更生社、私初め、会員一同、

日々毎日が、修行で御座います。

 

立ち直り、甦り、現況の社会のなかで、自然に、

自己を見つめ、生き方を、語るもので御座います。

 

人間として、生きる喜びと、大切な、生き方を、考え、

人間として、この様に、生を受けたる事を、感謝す、

私で御座います。

 

初夏香る、匂いに心を致し、精進する也や。

 

                    平成2967

                 

                                   愚生 西山 俊一郞                             

 

                  松風に座し眠る時中にして知恵あふるる

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    シラサワ (火曜日, 13 6月 2017 14:20)

    来年、明治150年となります。維新+敗戦と二度に渡り、「和」の心が否定されました。その流れもまた「必然」であると思いますが、再来年は天皇とともに年号も変わります。なんという、奇遇〜:)
    新たに天皇になる方は戦争を知らないお方です。あらためてその自虐的とも云える150年を経た上で古くて新しい「和」の精神が世界の平和のために甦りますように〜:)
    理事長+皆様、ますますお元気でご活躍なさってください。

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。