司法に問う

 

合掌

山平重樹先生の力作「サムライ」が、

全国の書店に発売されております。

 

六代目山口組、二代目小西一家総長、落合 勇治 氏の、

冤罪を問う著書で御座います。

 

この、山平先生 宛に、片瀬 裕 氏よりの、激励文とも言える、

感想文が山平先生に届きました。

 

私は、この感想文を幾度も読み返し、身の震う感動を覚えました。

 

まさに、司法の法の平等が蹂躙され、調書の改ざんが、

ヤクザと言うだけで、審判の司法の現状に、

驚きを私は隠し得られません。

 

法とは何か、古来、片瀬氏の文中に「片言獄を決するなかれ」、

司法を携わる者、これまさに、冤罪は此処に生まれるものであります。

 

今、囹圄の中に、無実を叫び続ける、落合総長の斬鬼の念。

 

人として、心打たれる想いであります。

 

再審の道を一日でも早く開かれる様、支援者一同が心を合わせ、

罪なき罪を、司法に叫ぼうじゃないでしょうか。

 

このホームページを、御覧頂いている皆様各位に、

是非とも「サムライ」を拝読して頂きたい事を、願うばかりです。

 

此れから尚一層、山平先生の活躍を祈り、願い、一冊の本が

冤罪と言う、過ちが無い、日本の司法社会であってほしいと

願う次第で御座います。

 

                        

               平成 30年 5月 19日

          

          特定非営利活動法人 日本青少年更生社

                  代表理事 西山 俊一

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。