岐阜便り

 

合掌

 

岐阜より、更生の便りあり、この便りを読めば、長期の者が仮釈放の恩典を、

もらって社会に復帰した。

 

そして、8ヶ月をしないうちに再犯を犯し、又、もとの無期囚に戻ると言う、

考えられない人がいるものだと、悲しみさえ覚えます。

 

矯正教育の中で、単なる矯正ではなく、更生教育をカリキュラムに、

刑務作業以上に、更生教育をしなければならないと想う。

 

法務省は、一流大学を出た、エリート官僚が、たくさんいます。

無期から無期になるような人間は、もう人間ではありません。

こういう人を、社会復帰させた管理側にも、少しは責任があるとは思いませんか。

 

私は、無期の者に対して、仮釈放は厳密な所内の生活態度、更生意欲、

心理学的な面も、考慮しなければならない、と思います。

 

本当に更生の灯、希望の灯をもって、30年間も償いを真摯に受け止め、

更生をするものに、例え数年でも、社会で生活をさせてやってほしいものです。

 

私はこの様な人々を、社会から支援します。

 

                         愚生 西山 俊一郞

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。