2月便り 【どうぞ画像をクリックして大きくお読みください】

合掌

先月、中旬、十年以来の知己である、歌舞伎町駆け込み寺、玄 秀盛先生と、

よろず相談研究所、前田 洋秋編集長が、日本青少年更生社に、来善されました。

玄先生と約2年ぶりの再会にて、懐かしく、感じました。

 

日本青少年更生社のテーマである。

少林寺拳法を通じて、犯罪更生者に、更生の灯、希望の灯を指導する私と、

是非とも対談を、したいとの申し入れを受け、光栄の至りに取材を受けました。

 

玄先生は、東京新宿の眠らない町のあらゆる、人生模様が渦巻く、大都会の中で

更生保護運動を行っている、著名な方です。

 

私などが、この対談に選ばれるなんて、夢にも思っていませんでした。

駆け込み寺は、多くの政治家達、大学の教授達が、参加し、仏教の大阿闍梨までが支援している団体です。

 

日本青少年更生社の、私の理念の、定職と帰住をテーマにした、活動理念を質問され、私の少年時代の、少林寺拳法の修行をしていた時に、私の心の中に、消し去ることのできない修行時代が、今の更生活動に大きな影響をもたらしています。

 

社会の正義とは何か、今、日本の現在の政治家達に問う次第であります。

 

愚性 西山 俊一郎

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから

 

※字が小さくて読みにくい。

 という方は、

 Ctrl キー+ホイールで、

 拡大、縮小が、可能です。