2016年

7月

27日

八月 日本青少年更生社顧門の活躍 北洋建設

0 コメント

2016年

7月

21日

「国を想う」  熊本支局長より

日本の歴史観、戦争観、熊本支局長はまさに憂国の士であります。世界は、宗教戦争・イデオロギーの相違において、何故、人間同士が、民族同士が、共存共栄ができなく、自国の国益の為の侵略行為がいまだに終焉が来ない時代に、嘆きを覚えます。将来・未来の若者に、祖先が培ってきた祖国を、戦無き世に愛国心をもってなされるように祈る。

                           西山 俊一郞

0 コメント

2016年

7月

19日

ちょっと一言

ちょっと一言

合掌

七月十八日、この四国地方も、梅雨が明けました。

これからが、本当の、暑さとの戦いですね。

そして、暑さの中、恒例の高校野球が、始まります。

なぜこの一言を、申し上げますことは、偶然にも、私が常に尊敬しております。

慶應義塾大学、商学部教授、中島隆信先生より、一冊の本をプレゼントしてくれたことに、始まった事なのです。

 

題名、「高校野球の哲学」なんですよ。 (東洋経済新報社)

 

この本の、二○八ページを、皆さんよく読んでください。

最近、覚醒剤事件で、野球少年の夢を壊した清原君に、是非とも読んでもらいたいものです。「高野連を批判するのは、実に簡単である。どれか一つに着目し、ちゃんとやっていないじゃないかと、話せば済む話だからである。」

もう一つは、批判の内容が、本質的に関わる、議論になっていない、という事だ。

教授、曰く、プロ野球選手は、「夢を与えるのが仕事だ」と言い、高額の年棒、高級車、高級時計などを、誇らしげに見せつける、番組を放送しておきながら、その一方で、そのプロになる為に、通過しなければならない、禅寺の修業の様な、高校野球を、純心だと褒め称える。(メディアも色々手をしますなぁ。)

将来プロ野球の選手を、目指すのであれば、高校生のうちからプロの生活について、理解を深めておくべきだろう、と、中島教授は、指摘する。

「先生、本当ですよ、一番大事な事を、プロになればなるほど、忘れては駄目なんですよね、先生。清原君が、この教えを守らなかった、悪い手本の番長でしたね。しかし清原君は、善人ですよ。一億人の日本国民の、テレビで、更生を誓いました。私も、清原君の更生に何かあれば、お手伝いをしてあげたいと、本心から思っております。」

まして、PL学園が、廃部にもなり、今、清原君の更生を日本中の野球ファンが、見守っています。清原君、頑張ってください。

本当の、野球少年のヒーローであってほしいと、願い、メディアの方々も、高野連の皆様も、諸般の事情も、数々ありますが、アメリカンドームの夢を、持たすのも良い事ですね。

でも、犯罪を作る野球は、いただけませんね。

清原君、貴方だけではないですよ。

これからの野球を求むる若い世代も、ポケモン探しも良いでしょう。

でも、一番に、良い人生の、道標を探してください。

(更生社のホームページが教科書です。)

中島教授も、仰ってますよ、本気で批判するなら、しっかり批判して、新しい野球を作ってください。(それが世の為ですよね)

私の一口

野球を観覧する人々は、お金を払ってますよね。(お金って大切ですよね。)

感動を与えて下さい。(PL学園は、最後まで、男前でしたね。)

少し嫌味にも、成りましたが、嫌味ではありません。

お許しの程を。

                     ある田舎の愚僧より

 

追伸

 

中島教授著書、「高校野球の経済学」、文中より、引用する。

1 コメント

2016年

7月

09日

盛夏七月便り

盛夏七月便り

天地異変の、神々の怒りを覚える、今日この頃で御座います。

 台風、豪雨、地震、三災の非難を受けたる、九州地区熊本の被災に合われた人々の、生と死の狭間の中で、今を真剣に生きられておられる、方々に心よりお見舞い申し上げます。

 この度六月二十六日、大雨の中、瀬戸大橋経由、山陽道、九州道と、熊本をめざし、日本青少年更生社総務室長の樋口雅昭、青年部、辨野靖、と共に熊本の被災地に、向かいましたので御座います。

 兼ねてより、熊本支局長、仁友に、どうしてもお会い面会をしたく、この時を導縁に引かれ、面会を求めた次第で御座います。

 熊本支局長は、日本青少年更生社の、支局を、刑務所内にて、更生保護運動を全国希にみる、初の活動として試みている次第で御座います。

 私は、熊本刑務所を訪れるのは初めてで御座いました。熊本刑務所は、長期刑、無期刑の施設なので、大きい、規模と思っておりましたが、意外に、小さく、最近の刑務所とは違い、古い刑務所という雰囲気の施設で御座いました。

 面会手続きを取り、約二十分ぐらいの待ち時間にて、待ちに待った、仁友との初対面に、心致し面会をしたので御座います。

 仁友は、熊本刑務所にて、今約、十年の刑を務めたところで御座いますが、私の第一印象は、柔和な顔立ちにて、穏やかさに溢れ、沈着を持って、刑を務めている仁友に、心から、感震を受けた次第で御座います。

そして、私の面会を、本当に心より喜んでくれたので御座います。

その時、私の脳裏の中に、熊本に不思議なる縁に導かれ、来てよかったと、来なければなかったという数奇な運命を覚えた。

仁友は、犯した罪を人生の失敗としても、それを己の全ての責任として受け止め、罪を償い、一生を賭けても、償う決意を私に心強く、申したので御座います。

私は、心打たれ、禅の境地に併せ持つ、信念が感感と伝わったので御座います。

そして仁友曰く、先生、私は、これから先、ここにて務め方として、先生と出会った瞬間の時を、法縁とし、三年、また三年、またまた三年、と無事故にて努める決意です。

亞亜、何と仁友よ、達磨大師の境地である、面壁九年の境である、と励ました次第で御座います。

そこから九年、九年、九年、苦を三度越えて、満願の阿闍梨になる。

生き仏や、必ずや、生命を持って、社会に返られし願う請う。

私は老いて、すべからずとも、生命ある限り、待っております故、務められますよう。

 

   己を正しくして

  人に求めざれば

    即ち怨みなし

 

禅、ゼーナ、の正しい釈尊の教え、必ずや天命あり、至らなさ、愚かさを反省し、尚一層、精進なされし、重ね逝く日々の流れに、道師として歩まれよ。

御機嫌よう、召され暮らされし、仁友よ。

                     愚生 西山 俊一郞

           平成二十八年 七月七日 七夕の空を見上げ。

1 コメント

2016年

7月

07日

7月便り 反省の手紙

この若者は、25歳であります。少年の折、組織に存在しあらゆる悪行を行って来ました。でも、私を知り過去に生きて来た道が誤りであるという事を気が付き、今、反省の日々を刑務所の中で送っております。私は、この若き者に将来を見つけ更生の道標を教えるものであります。人の世に生まれて、人間としての価値観を見い出すことを教育いたす所存であります。

                           愚僧 西山 俊一郎

0 コメント

お問い合わせ

TEL&FAX: 0877-63-4300

090-2890-0560

担当:理事長 西山俊一 

 

お問合わせはこちらから